THE ALFEE

THE ALFEE自己流レビュー:ALFEE’S LAW

勝手にディスコグラフィーシリーズも、
ついに第5弾となりました。

ここまで中身のないディスコグラフィーも、あまり無いと
思いますが、とにかく御覧頂いている皆様に感謝です。

ありがとうございます!

 

さて、今回は1983年9月に発売されたアルフィーのアルバム、
「ALFEE’S LAW」を私が買った当時の感想を書いてみたいと思います。

実際に私が買ったのは、高校生の時なので、発売から20年以上経った時でした。

前置きが長くなりましたが、当時の感想を思い出しながら・・

 

1.「ジェネレーション・ダイナマイト」
→ソロのタッピング奏法の後のメロディがツボ

2.「Mr.Romance」
→BEST SELECTION1の時に記載

3.「仮面舞踏会」
→仮面をかぶって踊る意味とは?少年隊よりアルフィーのが先じゃね?

4.「幻想飛行」
→2に同じ

5.「メリーアン」
→これがかの有名なメリーアンか!

6.「誓いの明日」
→ソロのシンセのメロディが好み

7.「Crazy Boy & Lazy Girl」
→韻を踏んでいる?

8.「白い夏バレンシア」
→バレンシア地方には行ったこと無いが、そんな雰囲気

9.「トラベリング・バンド」
→全国ツアーをしているアルフィーの歌ってこと?

10.「TIME AND TIDE」
→感想なし

相変わらずなチープな感想です・・

ALFEE’S LAW(初回生産限定) [ THE ALFEE ]

価格:2,880円
(2018/4/15 23:15時点)

皆様は初めて聞いた時はどの様な感想を持たれたでしょうか?
ダウンロード購入はこちらから

次回は、「PAGE ONE」の感想文を書きたいと思います。

アルフィーの音楽は、良い音で聞きましょう!
ソニーストア