THE ALFEE

THE ALFEE自己流レビュー:PAGE ONE -13 PIECES OF ALFEE

勝手にディスコグラフィーシリーズも、順調?に回を重ねてまいりました。

今回は1983年12月に発売されたTHE ALFEEのアルバム、PAGE ONE -13 PIECES OF ALFEEの感想を、私が購入した当初の感想を思い出しながら書いてみます。
前作 ALFEE’S LAWのレビューはこちら

高見沢さん執筆の小説初作品、「音叉」のチェックもお忘れなく! 音叉を購入:楽天音叉を購入:Amazon

1.REFRAIN
→アコギ中心のインストが良い。

2.恋人になりたい
→宝くじが当たらないと車とマンションは買えないのか。ところで、ポパイ&オリーブとは?

3.ロンリー・ガールを抱きしめて
→間奏のエレキギターがしびれる

4.雨
→確かに雨っぽい曲だ

5.SEE YOU AGAIN
→ベストセレクションで出てきたので略

6.祈り
→シンセドラムが時代を感じさせるなぁ・・ 原曲よりこっちのほうが好み。

7.ラジカル・ティーンエイジャー
→そもそも、どういう意味だ?

8.ジェネレーション・ダイナマイト
→ライブ版はテンポが早くて原曲より好み。
ギターソロ後半はシンセ弾くのむずかしそうだなぁ・・

9.ロンサム・シティ
→ベストセレクションで出てきたので略

10.無言劇
→お金払う価値がないとは、そんなにひどい劇なのか。

11.メリーアン
→ベストセレクションで出てきたので略

12.誓いの明日
→ALFEE’S LAWで出てきたので略。

13.夢よ急げ
→ノリの良い曲だ(当時、原曲を聞いたことがなかった)


これも私が高校生の時に購入(13年ほど前)したアルバムですが、今思い返してもチープな感想で・・

とはいえ、今もさほど変わっていない気もしますが、それは言わないお約束で。

次回のレビューも乞うご期待(笑)

CDを買う:AmazonCDを買う:楽天


アルフィーの音楽は、良い音で聞きましょう!

 

ソニーストア

次のアルバム THE RENAISSANCEのレビューはこちら


【アルフィー4年ぶりのニューアルバム!】Battle Starship Alfee
ニャン太郎
ニャン太郎
予約は以下からどうぞ(=^・^=)