THE ALFEE

THE ALFEE自己流レビュー:LOVE

このアルバムのオススメ曲トップ3

1位:恋愛論理
2位:LOVE
3位:LOVE-0=

クラシックの要素も取り入れたアルバム

アルフィーのアルバムを自己流でレビューする記事。
今回は、1996年に発売されたLOVEのレビューです。

ニャン太郎
ニャン太郎
タイトルもシンプルだね
king
king
アルバムの方向性がわかりやすい!

発売された96年は、小学2年生。私がこのアルバムを手に入れたのは、それから13年後の2009年でした。

これまた、偏りのある思考であったその頃の記憶を頼りに、早速レビューを・・・


1. 「LOVE」
→ ドラムとストリングスによる壮大なイントロ。愛の本質などわからぬよ・・
それにしても、桜井さんのボーカルが良き。

2. 「雨の肖像」
→ 間奏の段々と音階が上がっていく感じがよく、その後の泣きのギターが象徴する
擬人法による雨の表現が、オーソドックスだけど、そこが印象的。

3. 「LOVE-0=」
→ 悪崎さんのボーカルが冴え渡る、ポップなナンバー。
確かに、昼夜逆転の状態では、まともな話はできないな(笑)

4. 「LOVE NEVER DIES」
→ ヒットシングルの収録。ギターソロの後のコーラスパートで、後ろでさり気なく入っている、高見沢さんお得意のアーミングが、よいアクセント。

5. 「CAN’T STOP LOVE!」
→ 止められないのか。変な方向に向かわなければよいが・・

6. 「星空のRENDEZVOUS
→ ランデブーってこういうスペルなのか・・ところで、ランデブーって?

7. 「恋愛論理
→ このアルバム一番のハードナンバー。デーモン閣下に提供しただけのことはある。
色々韻を踏んでいて、なんだかジョイマンみたいな・・(略

8. 「もう一度君に逢いたい (Acoustic Version)
→ 聞きやすいアコースティックアレンジで小休止。

9. 「EVERYBODY NEEDS LOVE GENERATION」
→ ポップな雰囲気で、運命の人との出会いがすべてを変えることを歌ってくれるのが、個人的には好み。ラブソングラブソングしているのは苦手や。

10. 「GLORY DAYS (Love Mix)」
→ 曲の最後にオルゴールサウンドが流れるのがツボ。

11. 「ALWAYS」
→ ライブの最終曲というイメージ。いつでもライブをやってくださる安心感という解釈。

一つのテーマに沿った曲が並ぶ本作ですが、上品なアルフィーサウンドを堪能できる一枚であることは間違いなしですね。

ニャン太郎
ニャン太郎
気になる方は、ぜひ下記よりチェックしてくださいね(=^・^=)

THE ALFEEのニューシングル 友よ人生を語る前に 2020年9月2日(水)発売!
ニャン太郎
ニャン太郎
  購入は以下からどうぞ(=^・^=)